瀕死の1羽、歩行可能に=予断は許さず−環境省(時事通信)

 新潟県の佐渡トキ保護センターで放鳥に向け訓練中のトキがテンに襲われた問題で、環境省は15日、瀕死(ひんし)の状態だった1羽が、獣医師による治療の結果、歩ける状態にまでなったと発表した。この1羽は首にかまれた跡があり、立ち上がることができなかった。同省は、回復の兆しは見せているものの、自力で餌を食べられないことなどから予断は許さないとしている。 

【関連ニュース】
襲撃受けたケージ、構造見直しを=環境相がトキ保護センター視察
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所
ケージの金網、62カ所で広がる=テンが侵入?、最大9×12センチ
トキ襲撃はテン=ケージ内に足跡
トキ9羽死ぬ、1羽は瀕死状態=今秋の自然放鳥に影響も

日、独、沖の歌曲情感深く 小波津准教授ソプラノリサイタル
支持率低下、「政治とカネ」も=官房長官(時事通信)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)
[PR]
by rydwhhefcl | 2010-03-16 16:52
<< 「朝鮮総連と一線を画してほしい... 一家4人死亡 長男、長女も銃で... >>