北・東日本で大雪、強風=交通に影響、警戒を−気象庁(時事通信)

 日本列島は6日も強い冬型の気圧配置が続き、北日本(北海道と東北)と東日本の山沿いを中心に強い雪が降った。気象庁は、7日明け方にかけて大雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 JRは羽越本線や上越線、信越本線などで運転見合わせや一部運休、遅れがあった。日本道路交通情報センターによると、上信越道や北陸道の一部区間が通行止め。航空も影響が予想される。
 7日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、群馬県が110センチ、北陸が100センチ、東北と長野県が80センチ、岐阜県が60センチ、北海道が50センチ。 

【関連ニュース】
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない
東京都心で初の積雪=関東甲信越は未明に大雪
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意

<雪だるま>歓迎の49個壊される 北海道旭川(毎日新聞)
<殺人>3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)
【中医協】DPC新係数の評価、原則4月開始(医療介護CBニュース)
5台多重事故で29人軽傷=吹雪で停車、追突−北海道(時事通信)
県産品PRで都内地下鉄にステッカー=熊本県〔地域〕(時事通信)
[PR]
by rydwhhefcl | 2010-02-13 01:04
<< <ラジオ13局>ネットで番組配... 【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(... >>