福岡県町村会裏金事件、中島前副知事を聴取(読売新聞)

 福岡県町村会を巡る詐欺事件で、県警捜査2課と博多署は2日、中島孝之・前副知事(67)に出頭を求め、事情聴取を始めた。

 中島氏は、町村会幹部がコピー用紙を架空発注して作った裏金で、飲食や旅行などの接待を受けたとされる。中島氏は事情聴取に対し、町村会幹部と飲食したことなどを認めるとみられ、県警は、一連の接待が裏金で行われていたことを認識していたかどうか、説明を求める。

 事件では、町村会業務課参事・天野敏哉(49)、元町村会事務局次長・田中剛佑(70)両被告が、コピー用紙を架空発注する手法で、町村会や財団法人・福岡県市町村振興協会から計約285万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕、起訴されている。

<お〜い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)
広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)
救急救命士がぜんそく患者への吸入など実施へ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
フィアット不買運動 イタリア与党の青年部が発表(レスポンス)
「裏金1億円を用意」=水谷経理担当者が証言−「小沢氏側へ」と調達・陸山会事件(時事通信)
[PR]
# by rydwhhefcl | 2010-02-03 03:02

鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相(62)は29日、衆参両院で就任後初の施政方針演説を行った。「命を、守りたい」と、詩的なリズムで始まり「命」とちりばめたのは24か所。声が裏返って言い直した個所を加えて25回も連発した。自民党からは「政治生命を守りたい!」とのヤジが。終盤は阪神・淡路大震災で被災した親子を、擬音語やセリフ入りで描写した。

 予定を7分超え、51分の大演説。衆院事務局に記録が残る1976年召集の第80国会以降、歴代最長となった。首相周辺は「最近は休みが十分取れていないので疲れもあり、話すスピードが遅くなった」と説明している。

 自身の偽装献金問題は「国民に多大の迷惑と心配をかけた」と陳謝したが、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件には触れず。自民党の小泉進次郎衆院議員(28)は「命、命って何回言ったか分からないけど、何を意味しているのか分からない」。みんなの党の渡辺喜美代表(57)は「美文調で耳障りのいいレトリックだが、具体的な対策や実行体制がほとんどない」。民主党内でも渡部恒三元衆院副議長(77)が「形容詞が多すぎて軽い感じ」と指摘した。

 【関連記事】
鳩山首相が初の施政方針演説「命を守る」を多用
鳩山首相「戦ってください」発言撤回せず
ミッキー安川さん告別式…鳩山首相ら400人悼む
鳩山首相「潔白を信じたい」
鳩山由紀夫 施政方針演説 阪神・淡路大震災 を調べる

「今でも信じられず、実感わかない」=不明3カ月で両親−島根女子大生遺棄(時事通信)
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」(産経新聞)
近江屋氏、自民党離党へ (産経新聞)
「四条畷」→「四條畷」に数億円? JR、依然変更されず(産経新聞)
松沢知事の著作権侵害認める 12万円賠償命令(産経新聞)
[PR]
# by rydwhhefcl | 2010-02-02 03:03

<新一筆啓上賞>入賞作品決まる(毎日新聞)

 日本一短い手紙のコンクール「第7回新一筆啓上賞」(福井県坂井市、丸岡町文化振興事業団主催)の入賞作品が28日、発表された。テーマは「笑(わらい)」。国内外から3万3843通の応募があった。大賞には、北海道余市町、佐藤弘子さん(43)が、がんで亡くなった母にあてた手紙「イナイ、イナイ、バァ!酸素マスク外し、3才の孫を笑わせたね。母の最期の笑顔だった」など5作品が選ばれ、賞金10万円などが贈られる。

 他の大賞は、自分へ「子供の受験に親の介護、夫の減給に我が更年期!!今こそ笑え笑え!笑い飛ばしちゃえ!!」=兵庫県尼崎市、伊賀美和さん(43)▽きょうりゅうたちへ「ケラケラケラ、トリケラトプスも、わらっていたかな」=福井県坂井市、大久保緒人(つぐと)さん(8)▽ほけんの先生へ「ぼく30キロ、弟16キロ、妹13キロ、わらい声が一番大きいのは妹」=同、山崎柊(しゅう)さん(8)▽5年前の私へ「世界は あなたを笑ってなんかいない」=金沢市、渡辺明日香さん(21)。

地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)
デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生−大阪大(時事通信)
大阪・梅田スカイビル空中庭園でバレンタインイベント(産経新聞)
[PR]
# by rydwhhefcl | 2010-01-31 12:36

別の患者の薬を誤投与=入院の80代男性死亡−愛媛(時事通信)

 愛媛県立新居浜病院(新居浜市)は24日、入院していた同県四国中央市の80代の男性に、別の患者の降圧剤などを誤って投与し、この男性が死亡したと発表した。酒井堅院長は記者会見で「深くおわび申し上げます」と謝罪した。今後、誤投与と死亡の因果関係の有無を確認する。
 同病院によると、男性は21日、胸に水がたまる症状の検査のため入院した。
 看護師が別の患者の家族から預かった血圧を下げる降圧剤と、血液を固まりにくくする薬を男性のものと思い込み、同日午後6時ごろと翌22日午前8時ごろの2回投与。男性は22日午後2時ごろから血圧が急に下がり、手当てをしたが、23日午後零時45分ごろ死亡した。 

<1票の格差>昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)
「水増しの意味、わかるよね」市職員の呆れた実態 公金詐欺事件(産経新聞)
普天間「残り4か月で決着」シナリオに暗雲(読売新聞)
「税務上の問題」浮上、相続や納税…相次ぐ疑念 小沢氏の土地購入(産経新聞)
<日赤>英滞在者からの献血、27日から制限緩和(毎日新聞)
[PR]
# by rydwhhefcl | 2010-01-29 23:14